読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚相談所はまだ早い!  ~好きな女性を振り向かせるために必要なこと~

彼女がほしい!恋愛したい!婚活したい!結婚したい!と思っている男性向けにモテるために必要な事を発信しています。

結婚できない35歳以上の女性が、結婚相手にしたい男にとっては「対象外」という現実

今日の恋愛・婚活・結婚に関する記事は、「結婚できない35歳以上の女性が、結婚相手にしたい男にとっては対象外という現実」です。

 

どういう事かと言うと、今回の記事は女性の視点から見た婚活についての内容なのですが、女性で35歳以上の独身者は結婚できる可能性が下がるのです。

zasshi.news.yahoo.co.jp

このブログは男性の視点から婚活について書いておりますが、年齢差の観点から35歳以上の女性との結婚を希望している男性もいるかと思いますので、逆手に取り記事を書いてみたいと思います。

 

女性は29歳までに結婚する人が多く、35歳を過ぎると結婚率はグーンと減ります。

また、記事内では結婚できないアラフォーを3つのタイプに分けています。
20代のころに華やかな恋愛を繰り返していたが、結婚に踏み切れずに30歳を越えてしまった『恋多き女』タイプ。

男顔負けに仕事をし、恋愛よりも仕事に没頭してきた『バリキャリ』タイプ。

恋愛らしい恋愛をしたことがなく、男性経験もないままに30を越えてしまった『バージン』タイプ。

 

それを踏まえて、各タイプごとの傾向を見てみましょう。

まず「恋多き女」タイプは男性の年齢は同世代か年下。見た目や年収を平均以上に設定している。

記事では条件を広げる事を提言していますが、見た目の年齢と魅力あるギャップを見せる事で距離が近づくかもしれません。

次に「バリキャリ」タイプは“男に負けたくない”という気持ちが強く、女性特有のやわらかな物腰が欠如している。

しゃべり方も「つまり」「いわゆる」などを多用して理論武装しており男性から見ると女として可愛げがない。

恋愛してきた数も少ないので引っ張っていく事が得意でしたら狙ってもいいでしょう。

最後に「バージン」タイプですが、性的経験がないままに30を越えてしまった人が意外に多く、結婚相談所に登録する人も多いようです。もしかしたら合コンやパーティーよりも結婚相談所にて会えるかもしれません。

 

以上になりますが、恋愛や婚活で様々なタイプの女性と会って話すのが得意な人はいいかもしれませんが、なかなかお話しするのが苦手な人もいるかもしれません。

そんな人に毎月1回、結婚の学校体験スクールをおこなっておりますので、情報収集のつもりで参加する事をお勧めしております。

婚活の成果が出ない男性はこちらへ
恋愛・結婚 ブログランキングへ