読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚相談所はまだ早い!  ~好きな女性を振り向かせるために必要なこと~

彼女がほしい!恋愛したい!婚活したい!結婚したい!と思っている男性向けにモテるために必要な事を発信しています。

独身20代と40代のお財布事情。資産はどのくらいある?

今日の恋愛・婚活・結婚についての記事は「独身20代と40代のお財布事情。資産はどのくらいある?」です。

よく「隣の芝生は青く見える」といいますが、「隣の人の財布はどう見える?」といった観点で、面白い記事がありました。

headlines.yahoo.co.jp

詳細は記事に譲るとして、各年代ごとのデータを抜粋してみたいと思います。

 

①自分が稼ぎたいと思う年収額について

■20代男性は理想を高く! 希望年収額は「1500万円以上」が20%超え

年代別では、20代のトップは「500~600万円未満」15.2%。40代は「500~600万円未満」と「1500万円以上」が同率で13.2%でした。年代が上になると、求めるものも高くなるようです。

40代では1000万円以上と答えた人が24.4%。20代の16.8%と比べ、年齢が上がると希望額もアップする傾向に

男女別に見てみると、20代男性のトップは「1500万円以上」20.8%、40代男性のトップも「1500万円以上」16.6%でした。2位はどちらも「500~600万円未満」と回答。
女性は、20代のトップは「350~400万円未満」で18.2%、40代は「400~450万円未満」が16.0%で1位。男性よりも求める金額は低めでした。

 

②今持っている金融資産額について

■40代は貯めている人とそうでない人の差が大きくひらく結果に
年代別に見てみると、「100万円未満」という人が20代では41.6%、40代でも30.4%でトップでした。しかし2位以下は、20代が2位「100万円台」(16.8%)、3位「200万円台」(9.6%)というのに対して、40代では2位が「3000万円以上」(14.4%)、3位が「1000万円台」(8.4%)という結果に。

男女別では、20代は男女とも年代別の結果と変わりませんが、40代男性の3位は「100万円台」(7.7%)。一方、女性の3位は「1000万円台」(11.1%)。女性のほうが、金融資産額が多いことが分かります。

 

③普段のお金の使い道について

■年代問わず使い道のトップは「住居費」。20代は将来に向けたスキルアップ費やファッション費も

一番使っているのは、やはり「住居費」。これは20代も40代もともにトップでした。次に多いのは、年代問わず「趣味・娯楽」。3位が年代別では異なり、20代は「食事」(11.6%)、40代は「貯金」(11.2%)でした。

(一部省略)

 

お金の使い道などでは、20代は40代くらいの将来に向けて行動し、40代は老後を見据えていることが分かりましたし、貯蓄は若いころから意識していないと40代で大きく差がつくことも結果として出ていました。

 

このデータやアンケート結果は既婚か独身かの属性は不明ですが、20代よりも40代の方が貯蓄高が多いとの事ですが、既婚者であれば老後、独身者であれば婚活に向けて準備している事も想定されます。

 

結婚の学校では、27歳~49歳までの独身の男性を対象に恋愛から婚活、結婚までの総合的なスクールで様々なノウハウを学ぶ事ができます。

毎月1回、体験スクールをおこなっておりますので、ご参加をお待ちしております。

お申込みはこちら

コミュニケーションが上手くできない方へ


恋愛・結婚 ブログランキングへ


恋愛・結婚 ブログランキングへ